隆鼻術料金と持続期間

このところ、いろんな部位をちょっとだけ整形するというプチ整形が人気となっています。なかでも、二重瞼にするなどは、一番気軽にチャレンジしてみたくなることでしょうか。それをきっかけに他の部位なども気になってくることもあるでしょう。例えば、隆鼻術でも、メスを使わずにできるヒアルロン酸注入という方法が人気になってきていますが、おおよその価格や持続期間などについても気になるところですので、調べてみました。

一般的には、50,000円前後くらいが妥当な料金のようですが、ヒアルロン酸自体にもいろいろな種類があるようで、施術する医療機関によって違ってきます。より持続するように純度や濃度が違っていたりすると、価格も高めになります。注入する場所によっても違いがあり、鼻筋は安めですが鼻の根元は少し高めになっています。

そして、持続期間についてですが、もちろん個人差はありますが、約半年~1年はだいたいどのヒアルロン酸でもどんな方でも効果があると言われています。それから徐々に体内に吸収されてしまうので、維持するには補給をしなければなりません。永久的ではないので、プロテーゼなどの隆鼻術を試したいけどその前にお試しでと言った場合には、様子がわかるので、金額的にもおススメの施術です。

ヒアルロン酸と隆鼻術

最近、よく耳にする機会が多くなったヒアルロン酸。このヒアルロン酸を鼻の適切な部分に注入することにより、スッキリした高い鼻に整えるプチ整形が人気になってきました。ヒアルロン酸は、グリコサミノグリカンの一種で、関節や皮膚、脳などの生体内にあり、人体の水分維持に貢献しています。化粧水や健康食品とかにも多く見られますが、最近では食品添加物としても、使われるようになりました。

もともと人体内に存在するものなので、アレルギーなどの害がないことなどが、気軽に受け入れられる要素かもしれません。しばらく前までは、ヒアルロン酸よりもコラーゲンを注入する方法が主流でしたが、持続力が2、3か月しかなく、維持するのに高額な費用がかかり、正直支払いの面でも大変でした。ですが、ヒアルロン酸は1、2年効果があるというメリットがあり、コラーゲンよりも経費的にも安めなので、それが人気の理由の一つにもなっていることでしょう。

そして、ヒアルロン酸注入の隆鼻術に関しては、メスを使わないため、腫れたりすることや痛みがほとんどないことなどがメリットとして挙げられますが、デメリットとしては、ヒアルロン酸はゲル状なので流動的なため、入れすぎたりすると、鼻全体のバランスをとるのが若干難しいところです。実際に試される場合は、施術経験数などを参考にしてみてください。

プチ整形でキレイな鼻

誰しも憧れる高くてすっきりしたキレイなお鼻。あなたはどんなお鼻にあこがれますか?お鼻は、顔の真ん中に位置しているので、つい、注目してしまいます。そして、特に日本人は、どちらかというと、御団子のようなぽってりしたお鼻が多いので、西洋人のような目鼻立ちクッキリにあこがれる人も多いかと思います。少し前までは、あこがれはあっても、整形してまでそうなりたいと思う人は少なく、また料金設定も高めだったので、一部の人たちのみの間で、整形がなされていました。加えて、両親からもらった大切な体を傷つけてまではやりたくないという意識も、気持ちの奥底にはあったかと思います。

ところが、最近は、比較的お手軽にできるプチ整形と言うものが出てきてから、徐々に変わってきて、一般的にも広まってきました。さらには、女性のみならず男性でも、二重瞼にしたいとか、鼻を高くしたいとか、その他いろいろ興味を持つ人たちが多くなって、今まで以上に、より整形人気が高まってきています。あくまでもプチなので、小規模範囲であることや、誰だかわからなくなるような風貌が変わるほどでないこと、そして、比較的値段も安く、技術の向上などにより、施術時間も短縮されてきたことなどが、意思決定への気持ちの切り替えに結びついているのかもしれません。今回は、いろいろあるプチ整形の中でも、ヒアルロン酸を注入する隆鼻整形について、施術の様子や料金などについてまとめてみました。